Mt.富士ヒルクライムとAlpe du Zwiftのタイム比較

富士ヒルクライム
こんにちは、べーやんです。
以前、富士ヒルクライムとAlpe du Zwiftのタイムについて考察しました。
この記事を書いた段階では、富士ヒルクライムに参加したことがない状態でした。
今回は、実際に富士ヒルクライムに参加した結果を踏まえて、富士ヒルクライムとAlpe du Zwiftのタイムの相関関係を比較したいと思います。
スポンサーリンク

富士ヒルクライムとAlpe du Zwiftのタイム比較

富士ヒルクライムとAlpe du Zwiftのタイム比較まずは結果から見ていきましょう。
  • 富士ヒルクライムのタイム:1時間7分29秒
  • Alpe du Zwiftのベストタイム:44分41秒
富士ヒルクライムのタイムはAlpe du Zwiftを「1.51倍」したタイムとなります。
以前の記事では「1.5倍したタイム」と書いていますが、ほぼその通りになりました。
富士ヒルクライムのリングごとのAlpe du Zwift目標タイムは以下のようになります。
目標リング 富士ヒル目標タイム Alpe du Zwift目標タイム
プラチナリング 60分
39分44秒
ゴールドリング 65分 43分02秒
シルバーリング 75分 49分40秒
ブロンズリング 90分 59分36秒
目標があるとAlpe du Zwiftを登るのも楽しくなりそうですね。
ただし、1.51倍というタイムはあくまで目安です。機材や走り方によってタイムは変わると思います。
参考に僕の機材や走り方についても書いておきたいと思います。

機材と走り方について

言うまでもなく軽量ロードバイクに乗り、集団で登った方がタイムは速くなります。

機材について

レース本番の機材です。

フレーム:Wilier GTR Team

ホイール:Mavic KSYRIUM Pro SL

タイヤ:Continental GRAND PRIX 4000S2

コンポーネント:DURA ACE & ULTEGRA Mix

パワーメーター:Pioneer

重量:7.8kg

 

Wilier GTR Teamはエンデュランスモデルのロードバイクです。フレームは柔らかく乗り心地は良いですが、レースのようなハイスピードにはあまり向いていない気がします。
ホイールなど軽量化していますが、それでも重量は7.8kgあります。
今や7.0kgを切るロードバイクは当たり前なので、機材ではハンディキャップがあったと思います。

走り方について

走り方に関しては工夫していました。
富士ヒルクライムは勾配が緩く、スピードが出るため、空気抵抗が少なくありません。集団で先頭交代しながら走った方が間違いなく有利です。
僕は3分の1ほどが単独走、3分の2ほどが集団走行といった感じだと思います。機材のハンディキャップを走り方でカバーしたという感じです。
また、レース当日は雨で路面はウェット、気温も低かったですね。路面がドライで気温がもう少し高ければ、タイムは良かったかもしれません。

まとめ

余談にはなりますが、ウェアはサンボルトのセパレートワンピース、シューズカバーはベロトーゼです。若干は空気抵抗を抑えられると思います。

2020年の富士ヒルクライムまで、まだ時間はあります。

Alpe du Zwiftをたくさん登って、富士ヒルクライムで良い結果を残せるように頑張りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました