夜練Zwift インターバルトレーニング

Zwift

こんにちは、べーやんです。

暖かくなる季節は花粉症に悩まされています。

3月下旬になってようやく花粉症が落ち着いてきた感じもしますが、ヒルクライム好きにとって花粉症は致命的ですよね。

ヒルクライムする=山に行く=花粉を全身で浴びに行く、という構図 笑

花粉の季節はZwiftに限ります。

寒いのも嫌なので一石二鳥。

スポンサーリンク

Zwiftでインターバルトレーニング

さて、今日は朝から寝違えて首が痛み、そして、子どもが夜泣くので寝不足というダブルパンチです。

身体はだるくて重かったのですが、いざZwiftを始めてみると結構脚は回りました。

クリスクロス 20分

L5 3分 / レスト3分 / 4セット

L6 30秒 / レスト30秒 / 9セット

徐々に強度を上げていくので後半にかけてどんどんキツくなっていきます!

L4~L6までまんべんなく刺激出来て良い感じです。

クリスクロスについて

クリスクロス(Criss-Cross )は実践的なトレーニングメニューだと思っています。

L4とL5の両方を刺激できるのでFTPの向上が期待できる、というのもありますが、ローテーションで走るときに役立つと思います。

例えば、5人で先頭交代しながら走る場合、30秒先頭を走り、2分は後ろで休む、そして再び先頭を走り、また休む…といった具合です。

クリスクロスができれば、集団走行もそれなりに走れるようになるのではないでしょうか。

Zwiftをした後は、妻が京都の有名洋菓子店・菓子職人で買ってきてくれたロールケーキをおいしくいただきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました